プロポリスの様々な抽出法

プロポリス製品は塊からアルコールや水で成分を抽出したものですが、抽出法により成分が違うのでしょうか。
この記事ではプロポリスの抽出法による違いについてご説明します。

アルコール抽出

プロポリスの塊は樹脂やミツロウが8割程度で、これらは水に溶けずアルコールに溶ける性質をもっています。
長所は水に溶けないフラボノイドなどの成分を抽出できることと、アルコールの防腐効果で食品添加物を使わずに製品化できることです。
そのほか有効成分の「アルテピリンC」や「カフェ酸」の抽出にも優れています。
抽出期間はメーカーによって違い、長すぎると有効成分が変質してしまうなどの理由で、どの長さが良いかについては意見が分かれています。

水抽出

アルコールには溶けない水溶性成分の抽出に優れ、プロポリスは水に溶けにくい成分が多いのですが、メーカーは抽出力を高める方法を工夫しています。
プロポリスエキスはすっとする香りをもつさらっとした液体になり、飲みやすいという評判です。

ミセル化抽出法

グリセリンと水で抽出し、グリセリンの働きでアルコールに溶けやすい成分も抽出できます。
長所はアルコールに溶けやすい成分と水溶性成分の両方を抽出できることです。
プロポリス製品にアルコールは含まれず、グリセリンが含まれます。
抽出液はアルコール抽出よりクセがない風味です。

超臨界抽出法

二酸化炭素を常温に近い一定の温度にして圧力を加えて、溶解度を高めてプロポリスの成分を抽出します。
脂溶性成分であるテルペノイド類の抽出に優れています。
他の原材料を配合した製品が多い傾向です。

多く用いられている方法は?

抽出されたプロポリスエキスは液体やカプセルの形で販売されます。
多く用いられているのはアルコール抽出で、長く用いられてきた方法です。
アルコール抽出と水抽出を併用しているメーカーもあります。
また複数の方法で抽出したプロポリスエキスを混合した商品も販売されています。