プロポリスで風邪予防

風邪をひくと発熱、鼻水、せきなどの症状が起こり、自分がしんどくてしたいことができないだけではなく、周囲の人にも感染してしまいます。
この記事ではプロポリスの風邪予防効果に着目します。

プロポリスの抗ウイルス作用

プロポリスは樹脂や樹液にミツバチの蜜ロウや唾液が混ざったものなので、樹木がもつ抗菌成分が含まれています。
プロポリスは蜂の巣を菌から守っていて、人に感染する細菌やウイルスに対しても効果的です。
細胞とインフルエンザウイルスをシャーレで培養した実験でプロポリスの抗ウイルス効果が確認されています。
プロポリス(エタノール抽出物)を加えたシャーレのほうが、加えていないシャーレよりウイルス感染で死亡する細胞が少ないという結果でした。
プロポリスに含まれていて細胞の抗ウイルス力を増す成分は、ジカフェオイルキナ酸などです。
H1N1インフルエンザウイルス(A型インフルエンザウイルスの一種)と、プロポリス水抽出物に含まれる色々な成分をともに添加した実験で、ジカフェオイルキナ酸を加えたときの細胞生存率低下効果が大きいという結果が出ています。

風邪が軽くなる

人に対する研究では山田養蜂場が行った試験で、風邪が治るまでの期間が短くなり、風邪によるだるさが大きく軽減したという結果になっています。
プロポリスを飲まないグループでは風が治るまでの期間は3.3日でしたが、プロポリスを飲んだグループは2.0日でした。
この試験は約60人に対してプロポリスを摂るグループと摂らないグループに分けて行い、摂取するグループはブラジル産プロポリスエキス450㎎を毎日1個飲みました。
また、プロポリスサプリメントのレビューを見ると、風邪をひきにくくなったと評判です。

これらの試験結果によると、プロポリスは細菌に加えウイルスにも効果があり、アルコール抽出物と水抽出物のどちらもウイルスから細胞を守っています。
マスク、手洗い、うがいなどと合わせてプロポリスを飲み風邪予防を行いましょう。